腰痛の主な治療法

腰痛の主な治療法

腰痛は正しい治療を行うことで改善できるものです。今回は、腰痛の主な治療法についてご紹介します。

 

薬物療法

 

腰痛の薬物療法は、鎮痛作用を目的として用いられます。治療薬にも様々な種類があり、痛みの原因物質の生成を抑制したり、痛みを伝える物質の過剰放出を抑えるなど、腰痛の種類や原因により用いられる薬は異なります。

 

薬物療法で気を付けたいのが副作用です。薬が強力な場合、一緒に胃薬が用いられることがあります。また、副作用が長期間続いたり、激しい副作用の症状が出た場合は、すぐにかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

 

理学療法

 

理学療法は、理学療法士によるマッサージやストレッチ、筋力増強訓練などにより、腰痛による痛みを和らげます。ある程度の治療期間が必要となりますが、しっかりと治療を受けることで痛みを徐々に和らげていき、日常生活に支障のないレベルまで痛みを除去することができます。また、治療しながら理学療法士と痛みの相談をすることができるので、自分の傷みに合わせた治療法ができます。

 

神経ブロック療法

 

神経ブロック療法は、患部に局所麻酔薬を注射し、痛みを除去する治療法です。麻酔薬で痛みの伝達物質を阻害し、血行を促進させ筋肉を和らげます。一般的に薬物療法と並行して行われる治療法で、何回かに分けて治療が必要となります。神経ブロック療法はいくか種類があり、痛みの種類や原因により治療法を分けます。

 

費用面や治療期間など、患者への負担が大きい治療法なので、治療前には必ず医師としっかりと相談するようにしましょう。