低反発マットレスのメリットとデメリット

低反発マットレスのメリットとデメリット

低反発マットレスは、寝付きが良くなるなど今人気のマットレスです。テレビや雑誌などのメディアでも多く取り上げられており、認知度は高いと言えます。
しかし、低反発マットレスという名前を聞いたことはあっても、具体的にどのような効果があるのか知らない、という方も多いと思います。
そこで今回は、低反発マットレスのメリットとデメリットをご紹介します。

 

メリット

 

低反発マットレスの最大のメリットは、反発力が少ないため寝心地が良い点です。普通のマットレスより身体が沈みやすく、マットレス全体に身体が包み込まれているような安定感があります。特に頭や腰部分など、身体が沈みやすい部分がよく沈むため、全身への負担が少なく楽な姿勢で寝ることができます。

 

また、低反発マットレスは圧力が分散されるので、朝起きた時に身体が傷むということや、無意識に圧力がかかってしまいがちな部位のしびれがなくなります。

 

デメリット

 

低反発マットレスは抜群の寝心地ですが、一方でデメリットもあります。

 

低反発マットレスは使用している素材が通気性が悪いものが多いため、カビやダニなどが発生しやすくなっています。また、熱がこもりやすい夏場などは寝苦しさを感じることもあります。

 

低反発マットレスは文字通りマットレスの反発力が少ないため、耐久性が悪いという点もあります。使い始めはある程度の反発力がありますが、使い続けているとマットレスがへたってしまい、反発力がなくなってしまいます。