生産国別高反発マットレスの特徴

生産国別高反発マットレスの特徴

高反発マットレスと一言でまとめても、その種類は様々です。特に近年は人気の高まりと共に需要も固まり、様々な高反発マットレスが販売されるようになりました。

 

高反発マットレスは高価なものが多いため、購入の際にどのマットレスを選べばいいか悩んでしまう場合も多くあります。マットレス選びにはいくつかポイントがありますが、そのうちの一つにマットレスの生産国があります。生産国ごとにマットレスの特徴も異なってくるのです。今回は、高反発マットレスの生産国ごとの違いをご紹介します。

 

国内産

 

国内産のマットレスは高品質、高性能というイメージがありますが、実は他国と比べるとまだ発展途上と言えます。マットレスに使用しているウレタンという素材がありますが、このウレタンの質が欧米産と比べ劣っている傾向にあります。

 

しかし、国内産の高反発マットレスは国内の工場などで作られているため、輸送費などの費用面が少なく、比較的安価で手に入れることができます。

 

欧米産

 

欧米産の高反発マットレスは歴史が長く、技術面でも進んでいます。このため、質も高く良い高反発マットレスが多い傾向にあります。しかし、輸送費などの費用面がかかってしまうため、国内産と比べ高価なものが多い傾向にあります。

 

中国産

 

中国産の製品は国内に多く流通していますが、高反発マットレスもその一つです。中国産の高反発マットレスは質の高い欧米産の模倣をしているため、技術面では高い商品が作られています。ただし、マットレスに使用しているウレタンなどの素材の質はあまり高くなく、中には粗悪品の商品もあります。